創業して19年目に入りますが、2013年4月、平之町から東開町に新築移転するまでは駄目な経営者の典型でした。何も分かってないのに「一丁前の良き経営者」面していたと、恥ずかしくなります。

たまたま良い環境に助けられた創業からの12年間、そして経営者としてそれに甘え成長しなかった12年間でもあったと反省しました。

2013年4月、新築移転してから「これから」だと手綱を引き締めはじめた頃より、社内外の環境が激変しました。しかし幸いにも今日があるのは、金融機関様はじめ、関係者各位様のご支援の賜物だと実感し、厚く御礼を申し上げます。

2016年6月、これまでの経営方針を180度変え「現場第一主義」を掲げました。

社長自ら率先垂範し、お客様やケアマネ(ケアマネジャー)さんに会うことを最優先の業務とし、理由はなくとも、とにかくケアマネさんたちに会うこと、会って話を聞くこと、何を望んでいるかを察し積極的に提案をすること、に徹しました。

そんな中、要望に応え「ケアマネ勉強会」や、介護施設の「誕生会」での「ELVIS JOHN小林」ショーなど、今までとは違ったサービスもスタート。

3年前には想像もつかなかったことを一つずつ積み重ね、現在に至っております。

最近では、病院の医療連携室にも訪問し、現場の声を集めており、少しでも、そういった声に応えて行くことが私の仕事だと痛感しております。

もう一つの私の大事な仕事は、会社のトップとして社員の生活と未来の幸せを実現するということです。その実現のためにも、社員と一丸となって、お客様に喜んでいただくことを拡充し、どんな環境にも耐えうる強靭な会社を目指して参りたいと思っております。

そのためには、

  1. トップ自らの率先垂範(社長の成長)・・・前述
  2. 社員個人のスキル・マインドの成長(社員個人の成長)
  3. レントオールとヘルスレントとの垣根を無くし、組織を融合。ベクトルを一つにして、セクト主義から脱却し、無駄を省き効率的な活動をすること(組織の成長)

の3つの推進を行って参ります。

この4年、紆余曲折ありましたが、社員およびパートスタッフは、「同じ方針」に沿って活動する集団へと成長し続けております。その間も厳しい外部環境が迫っていますが、先ほど申し上げた①②③をさらに高め、これに負けない「強靭な会社」にするべく一層精進して参る所存です。

「強靭な会社」へと成長を遂げたのちは、会社の第二段階として、本格的に「鹿児島県」に貢献する会社へと脱皮させて参ります。

その時は・・・いや、ここでは多くを語りません。

ぜひ、このホームページをご覧いただき「我こそは」と、お思いの方は弊社まで、お問合せ下さい。
そして「21世紀の鹿児島の夢」を熱く語りあいましょう!

株式会社YTSフレックス 代表取締役社長
小林 雄二


自己紹介

『あんたがたどこさ?肥後さ。肥後どこさ?熊本さ。熊本どこさ?船場さ。船場川にはエビがおってさ・・・』

1949年・熊本市健軍で誕生。

白川沿・本荘を経て、熊本城/坪井川上流・壺川で育つ。

熊本大学法文学部部法科を卒業し、大阪・沖縄を経て26歳で福岡にて結婚

1979年、鹿児島に転勤。

1986年、『ダスキンレントオール鹿児島ステーション』初代店長となり、鹿児島を「第2の故郷」と決意。

2001年、独立創業し現在に至る。

現在、4人の孫の”良き翁”ですが、たーちゃん(愛妻の愛称)の人気には全く歯が立ちません。

「克己利他」「謙虚にして驕らず、誰にも負けない努力を!」が信条。

今年満70歳・古希。

趣味

走る・・・フルマラソン自己最高3時間40分。2012年大阪マラソン完走。記録4時間37分で完走。

唄う・・・洋楽・オールディーズ・ラブソング・懐メロを得意とする。各地の養護施設イベントに「ELVIS JOHN 小林」ショーで活躍!「中高年・高齢者のアイドル」を目指す!

歴史・・・特に「戦国時代」「明治維新」「仏革命・ナポレオン」「家系図」「地球・生命・人類の起源」